Google Spreadsheetで為替を取ってくるヤツ

photo by FxShell

簡単な公開APIとかを使うと色々便利というメモ。

スクリプトエディタ([ツール] メニュー > [スクリプト エディタ] をクリック)起動して以下コピペ&保存。

function getUSDJPYx() {
  var url = 'http://rate-exchange.appspot.com/currency?from=usd&to=jpy';
  var response = JSON.parse(UrlFetchApp.fetch(url));
  return parseFloat(response.rate)
}

利用しているのはRate Exchange JSON/JSONP APIsで以下URL

http://rate-exchange.appspot.com/currency?from=usd&to=jpy

を叩くと

{“to”: “jpy”, “rate”: 118.638, “from”: “usd”}

json形式のデータを返してくれます。後は任意のセルに以下の様に関数を呼び出すだけ。

=getUSDJPYx()

そんじゃまた。

FXの「ウラ側」を味方につける本

FXの「ウラ側」を味方につける本

広告を非表示にする
© 2013 ときさんブログ all rights reserved.