ときさんブログ

ヘルニアン・ラプソディ

採用を求め彷徨った1年

@kensuu 氏の話に感動したので。

 

 

僕は山口県のほぼなにもないとこの海運会社で働いていた。その前は大阪でPGやってた。学のない僕なんかを採用してくれる気に毒な会社なんてなかなか無かったワケだけど、なんとか働けていた。山口の会社を辞めたのは待遇とかもまぁあったけど、何より僕が僕の幸せを考えた結果であって、特にそれ以外の意味はない。
 

田舎に仕事がない

いや、あるのかもしれない。でも、やっぱない。ハロワに行っても

いい仕事がありますよー。ファミリーレストランのウェイターでね…

って言われて正直引いた。別にファミリーレストランが悪いワケではないけど、小さい子供2人を養うにはあまりにも不十分だった。

よし、田舎を諦めよう

東京、大阪、福岡で職探しをした。利用したのはマッチングサイトとかと、後はネットの情報だった。定期的に採用関連のキーワードで検索した結果を抽出してメールで集めたりするスクリプトを書いたりして、気になるものはメモしてFacebookでその企業に関する情報をさりげなく知っていそうな人に聞いたりした。

大阪、福岡も捨てよう

東京以外にネットから取れる案件がほぼなかった。僕は東京に絞った。嫁は反対したというか、大阪が良かったみたいで、

東京から技術者が放射能汚染で大阪に逃げてるから仕事があるはず

という放射脳というか、実際に大阪に仕事があれば、そりゃ良かったんだろうけど、現実はそうじゃなかった。というかそんな事情で仕事の所在が動いてるとは個人的に思えないが…まぁ、嫌だったんだろう。

実は初めての転職

それまでは「ウチに来いよ」って言っていただいて入社したところばかりだったのでエントリーとか面接とかやったことなかった。なので「どう自分を売り込むか?」とかに関連した自分の見せ方みたいなことを勉強したことがなかった。大学生とかはその辺りをかなり勉強するのかな?とにかく、そんなこと初めてだった。それが34歳の時。ギリギリ35になる前まで続いた。就職氷河期の末期だった。

転職活動費

書類を送って実際に面接のフェーズまで行ける企業は10%程度だった。山口県と東京の往復の交通費は夜行バス使ったりして節約して、東京に滞在している期間に各社の面接をスケジュール調整した。そんな事を多分5、6回やったんじゃなかろうか。毎回の上京に滞在費などを含めると20万円程度かかっていた。合計すると採用が決まるまでに120万円程度かかった。貯金がどんどん減っていく感じだけど、また働くためだ。必要な出費だった。

なんで面接に来てくれって言われてるのに、会社が交通費出してくれないの?

と嫁さんがおめでたいことを言っていたが、そんなのバブルな都市伝説でしか聞いたことないわ。この120万円という金額が安いと感じるか高いと感じるかはあなた次第(ぉぃ)

山口県からというインパク

なんらかのインパクトは与えていたらしい。僕は根無し草なので仕事さえあればどこでも生きていけるから、という単純な理由で山口県から東京に職探しをしに来たのだけど、書類を送った段階でほぼ全社から

住所が山口県となっておりますが…

という確認が入る。当たり前だけどw

実は7年ぶりのプログラミング

なので実務経験などがなくて、また、あったとしても10年以上前のことで、そういった仕事に就きたいということになると、あまり良いアピール材料が無かった。これには沢山の人事担当者にご迷惑をおかけしたのだろうと思う。だって「出来るのか出来ないのかわからない」のだから…新卒ならまだしも34の中途だ。当たり前だ。

手応えがない

多分、100社くらい受けたんじゃないかな。手応えを感じる様になったのはかなり最後の方だった。多分、面接を何度もこなしてる内になんらかのコツというか感覚的なものは得ていく感じはしていた。大手も含めて最後の方は数社から採用決定通知をいただくことが出来た。でも、正直言ってなにが決めてでそうなったのか?全く手応えがなかった。

人柄採用?

最終的に採用してもらった会社はそれっぽくてスキルは最低限のところであればOKであとは人柄だ。というか、最近「人柄採用だったんだな」と入社後に面接をして採用を決めるのを中から見ていてわかった。僕の人柄がとうだったのかわからないけど…沢山会社受けて落ちまくってたけど暗くなかったんだろうなとは思う。落ちて当たり前だと思って受けてたし…

引き寄せの法則

その会社を知り、そこで働いている自分がイメージ出来るか?ということはかなり気にしていた記憶がある。自分ならこんなことが出来るだろう。とか、きっとこの会社に入ったらこんなことをやるだろう。だから、これを勉強しておこう。だとか。そういったことをすることで面接をする時の会話のテンポやトーンの違いから与える印象の違いはあったはずだと思う。

マッチングサイトを利用する前に…

マッチングサイトに掲載されている情報に企業名があるのなら、その企業のサイトにある採用ページから直接エントリーしよう。中には

なんで◯◯さん(マッチングサイト)経由でエントリーしたの?マージン取られるから…

なんてことを言う会社もあった。そこには採用されなかったし良かったんだけど、そんなこと言われると受ける方もなんだかな…でも、これを言われてから直接エントリーする様に方針転換した。

最後に「学歴」について

僕は高校中退(中卒)です。だからなんだじゃないけど、大学出て新卒で色んな企業を受ける人が羨ましいです。それとベンチャーを嫌う人が多いと聞きます。ただ、知って欲しいのは大手に入ることで何も覚えずに生きたまま腐っているゾンビみたいな人を多く見かけます。勿論、大手に入ることで飛躍する方も沢山います。その会社があなたにとって相応しいかどうかは規模ではありません。その会社に入ってどんな自分になりたいか?をちゃんと見つめてください。

オマケ

僕は子持ちですので、程々に時間をかけ過ぎすに転職しないと嫁さんに見捨てられそうになりますので、家庭のある方はご注意くださいねwwww

広告を非表示にする
© 2013 ときさんブログ all rights reserved.